ホテル暮らし

掲載日:2014年02月28日(金)14時13分

Pocket

2月も今日でおしまいです。28日しかないので、終わるの早いですね。2月は。

次年度に向けての準備もまだまだです。

当院には介護保険移行準備病棟が1病棟あります。これまで、県の調査でも移行の意向は未定と答えていました。入院されている方の状況もみながら。医療なのか?介護なのか?考えていたのです。

療養病棟への転換を検討していましたが、どこからともなく、ご不満の意見が。

その制度が残っているので、基準を満たしながらこれまで運用していたのです。

制度的に落ち度があったので、来年度から廃止なのでしょうが・・・。

法は守っていますので、認められないのであればその根拠をお願いしたいものです。

点数や制度だけで動いて、現場を知らずに杓子定規にやっていると地域の医療が崩壊してしまうことを分かっているのでしょうか?やたらと介護施設だけ増やしてもどうしようもないと思います。不足しているのは都会の話。

とあるところの言われたとおりに移行したて、うまく経営がいかなかった時の責任を取ってもらえればいつでも言うとおりにさせて頂きます。ある意味来週の返答楽しみにしております。上司に問い合わせないとわからないくらいであれば、根拠がないことは言わないことですね。

 

なんてご不満要素出てしまいましたが、実は意外と多いのです。ホテル暮らし。

冷蔵庫やエレベーターの音が気になることもあります。部屋次第で。

でも早く起きれば外国人みたいにジムに行ってみたりすることもあります。なので、衣装がかさばったり、よけいな靴とか持って行ってみたりします。

慣れてはいるのですが、“一人ぼっちはつ・ま・ら・な・い~”的な感じで食事が一番困ります。知らない土地ではもちろん、少しは知っている地でも、一人ではなかなか行けません。

皆さんいかがでしょうか?

か?ってなってますが、コメントは受けません。

Copyright© 2013 社会医療法人 稲穂会 All Rights Reserved.