おしかった?

掲載日:2013年12月16日(月)13時46分

Pocket

まずは、先週運転していた2台前の車が道路から転落してしまった場面を目の当たりにし、また事故に遭われた方の一人がお亡くなりになってしまい、改めてご冥福をお祈り致します。

先週は、熊本大学の先生がiPS細胞を用いて腎臓を立体的に培養することに成功したようでした。
意外と私も腎臓ができないかと培養を行っていた人の一人。
もちろんmotivationが違うのか?できなかった。尿細管っぽいのができました的な感じでした。つっこみ所満載だったかもしれません。データ改ざんはしていませんが・・・。
そのころはiPS細胞という概念はよくしりませんでした。多岐に分化する可能性があるという意味で多くのマウスの子供達の腎臓を取り出して培養していました。動物好きとしては当時は辛かったです。
が、やっていたことは意外と近かったのかもしれません。
日本語の論文でしたので、今となっては引用くらいさていればと、これまた後悔。
左効きでどちらかというと感性を大事にする芸術肌ですが、大学院に行って実験等を行う上で、少しでも論理的に組み立てができるようになることができるようになったのではないか?ということを多くの先生方がおっしゃっています。
たとえnegative dataでも。
いろんな先生方に今更ながら感謝です。
今年も少なくなってきました。

多くの気になることも、どうやっても生まれ変わる以外できないこともあります。
これもまた人生。

Copyright© 2013 社会医療法人 稲穂会 All Rights Reserved.